<menuitem id="jfdnr"><form id="jfdnr"><var id="jfdnr"></var></form></menuitem>

<rp id="jfdnr"><span id="jfdnr"></span></rp>

    <big id="jfdnr"><progress id="jfdnr"><thead id="jfdnr"></thead></progress></big><noframes id="jfdnr">

        <address id="jfdnr"></address>
        <big id="jfdnr"></big>
          <big id="jfdnr"></big>

              ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

              • 関連の記事

              「デジタルトランスフォーメーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

              「デジタルトランスフォーメーション」に関する情報が集まったページです。

              PR:産業機械大手・コマツ産機 専門知識がなくても“異常予知AI”を構築できた理由
              (2021/9/28)

              自治体DXのハードルとは?
              地方自治体ビジネスへの参入、ITサービスベンダーは何をすべきか?
              自治体のDXが始まっている。しかしセキュリティを重視したITインフラを敷く公共機関において、民間サービスの導入にはハードルがある。それを他社に先んじて超えたベンダーから、参入のノウハウを聞いた。(2021/9/29)

              国内企業のDXの実態、8割がテレワーク促進 平均年間予算4.8億円の使い道は?
              パーソルプロセス&テクノロジーの調査によると、国内企業のDX推進では、テレワークの促進に加え、バックオフィス、マーケティング、営業活動の領域における取り組みが多く、年間予算は全体で平均4億8891万円であることが分かった。主導するのは「経営者・役員」が最多だった。(2021/9/29)

              製造マネジメントニュース:
              日立がグローバルロジックとのシナジーで国内企業のDX支援へ、2022年度に開始
              日立製作所は2021年7月に買収を完了した米国のデジタルエンジニアリングサービス企業であるグローバルロジックとのシナジー創出に向けた取り組みについて説明。日立の社内事業におけるグローバルロジックの活用成果を基に、2022年度から日立の協創拠点「Lumada Innovation Hub Tokyo」を用いた国内顧客向けのDX支援サービスの提供を始める。(2021/9/29)

              紙印刷を「大幅」削減 花王が決算業務の効率化に向けSAPのクラウドプラットフォームを採用
              花王は、決算業務の効率化に向けたプラットフォームとして、ブラックラインとSAPの共同ソリューション「SAP Account Substantiation and Automation by BlackLine」を採用し、稼働を開始した。同社の働き方改革とDXを実現する取り組みとは。(2021/9/29)

              FAニュース:
              AIとロボティクスを活用し、ケーブルの組み付け作業から検査までを自動化
              ASTINAは、ケーブルの組み付け作業から品質検査までの自動化を支援する「OKIKAE for ケーブル作業」を発表した。厳しい品質検査や細かな作業が求められる組み付け現場を、AIとロボティクスの活用で自動化し、省人化に貢献する。(2021/9/29)

              「セキュリティはチームスポーツだ」
              有識者が指摘する「企業が解決すべき3つのセキュリティ課題」とは
              複雑化するシステムのセキュリティを維持することは簡単ではない。適切なセキュリティを維持するために解決すべき「3つのセキュリティ課題」とは何か。(2021/9/29)

              自動化ツールの活用が効果的:
              ESET、クラウドの構成の誤りを修正するベストプラクティスを発表
              セキュリティ企業ESETは、クラウドの構成上の問題を修正するベストプラクティスを発表した。ゼロデイ攻撃よりも人的エラーの方が高リスクであり、なるべく短時間でクラウドの構成の誤りを修正しなければならないという。(2021/9/28)

              製造業×IoT キーマンインタビュー:
              新CEOはユーザー企業出身、日立の産業・流通BUは「際」を乗り越えられるか
              デジタルソリューション群「Lumada」が好調な日立製作所だが、製造業に向けたLumadaの事業展開と最も関わりが深いのがインダストリーセクター傘下の産業・流通BUである。この産業・流通BUのCEOに就任した森田和信氏に、今後の事業展開の構想などについて聞いた。(2021/9/28)

              76項目で評価:
              ITシステムのDX対応状況を評価、IPAがツールの提供を開始
              IPAは、企業が自社ITシステムのDX対応状況を詳細に評価できるツールを提供開始した。「プラットフォームデジタル化指標」の評価項目に対して回答を記入すると点数化してグラフ表示する。ITシステムの問題点の可視化を支援する。(2021/9/28)

              DX時代のPLM/BOM導入(1):
              製造業DXに欠かせないPLMとBOM、しっかり説明できますか?
              本連載では製造業DXの成否において重要な鍵を握るPLM/BOMを中心に、DXと従来型IT導入における違いや、DX時代のPLM/BOM導入はいかにあるべきかを考察していく。第1回は「PLM、BOMとは何か」をまずは説明する。(2021/9/28)

              特集:「惰性をやめる、慣習を疑う」こんどこそ楽になる運用管理(6):
              最新Microsoftテクノロジーで従来の運用管理は、どう楽になるのか――運用管理を変える4つのポイント
              新規サービス開発におけるクラウド活用や基幹システムのクラウド移行など、オンプレミスからクラウドへのシフトが盛んな時代になった。一方で、オンプレミスに残されたシステムやサービスの運用管理も行わなければならず、そのことがこれまで以上に運用管理を複雑にしている。本稿では、クラウドとオンプレミスが混在する現在のITシステムにおいて、これまでとはどのように運用管理が変化し、どうすれば自動化や省力化、コスト削減できるかについて、Microsoftのテクノロジーやサービスとともに解説する。(2021/9/28)

              ビジネスに合った「体制とプラットフォーム」:
              DXを実現したいなら、まずアプリケーションのプラットフォームを変えよ
              DX実現の必要性を認識している企業は多いが、なかなか取り組みが進まない企業がある。有識者は「企業の在り方を変える必要があるなら、アプリケーションの開発プラットフォームを変えるべきだ」と提言する。(2021/9/29)

              鍵はハイブリッドクラウドを支える協力体制
              変革期の金融業界、FinTechとレガシーシステムをつなぐ「相互接続性」の価値
              厳しい法規制やセキュリティ要件から、クラウド利用を慎重視していた金融業界にDXの追い風が吹いている。「データセンターの相互接続性」は、レガシーインフラとクラウド技術を接続する重要な要素の一つだ。その理由は。(2021/9/29)

              Weekly Memo:
              病院が増えるまで待っていられない「救急搬送の困難化」問題をDXで解決する方法
              さまざまな社会課題をDXでどのように解決できるか。この問題に対し、NTTデータが「異なるDXの掛け合わせ」によって解決策を見いだす方向性を示した。その内容が非常に興味深かったので取り上げて考察したい。(2021/9/27)

              製造マネジメントニュース:
              400年続く老舗綿布商が物流業務をIoT化、DXを推進する戦略的協業開始
              ラトナは、綿布商の永楽屋と、在庫管理やサプライチェーンなどのDX推進を目的とした戦略的協業を開始する。永楽屋の発注から入荷検収業務、在庫管理などのさまざまな業務をデジタル化、IoT化する。(2021/9/27)

              国内アプリケーションPaaS/インテグレーションPaaS市場が上昇基調 その背景は――IDC
              IDC Japanによると、国内アプリケーションPaaS/インテグレーションPaaS市場は上昇基調にあり、2025年までともに年成長率20%台で推移する見通し。特にアプリケーションPaaS市場は、2025年に900億円規模に達する予測だ。市場成長の背景とは。(2021/9/27)

              アイデアを「製品化」する方法、ズバリ教えます!(11):
              日本の製造業の現状とその打開策【前編】
              自分のアイデアを具現化し、それを製品として世に送り出すために必要なことは何か。素晴らしいアイデアや技術力だけではなし得ない、「製品化」を実現するための知識やスキル、視点について詳しく解説する連載。第11回は「日本の製造業の現状とその打開策」の【前編】として、設計メーカーと組み立てメーカーにフォーカスした内容をお届けする。(2021/9/27)

              ものづくり白書2021を読み解く(3):
              製造業DX推進のコツは、経営トップと現場に精通するリーダー社員の2段階で
              日本のモノづくりの現状を示す「2021年版ものづくり白書」が2021年5月に公開された。本連載では3回にわたって「2021年版ものづくり白書」の内容を掘り下げる。第2回では「製造業のニューノーマル」の主軸として紹介されている「レジリエンス」「グリーン」「デジタル」という3つの視点について掘り下げる。(2021/9/27)

              グローバル医療サービス会社のDX【中編】
              DX推進の医療会社を悩ませた「クラウドをグローバルで使う」ときの課題とは?
              複数の国で医療サービスを提供するBupaは、DX推進の一環としてMicrosoftのクラウドサービスの活用を進めている。そこで同社が直面した、グローバル企業ならではの課題とは何か。その解決方法とは。(2021/9/27)

              変革、待ったなし:
              PR:ITインフラ改善から取り組む、DX推進の第一歩
              DXの本質は、デジタル化、クラウド化、レガシー資産の刷新ではなく、会社を変革することである。そのためには、何が必要で、どこから着手すればよいのだろうか。(2021/9/27)

              FAニュース:
              IO-Linkなど通信機能対応でモジュールタイプの電子式サーキットブレーカー
              フエニックス・コンタクトは2021年9月16日、電子式サーキットブレーカーについてのWebセミナーを開催し、その中で国内投入準備中の新製品について紹介した。(2021/9/24)

              「AIマップβ3.0」の展望:
              日本企業のAI導入が「検討」から進まない理由――「AIマップβ」のこれから
              人工知能学会では外部発信活動の一つとして「AIマップβ」を公開している。本記事ではAIマップβ3.0のリリースに向けた2020年度のAIマップタスクフォースの活動内容とAI技術の発展に関する課題、今後の展望を概観する。(2021/9/24)

              企業の人的リソースを最適に配置する
              導入事例に学ぶ、Dynamics 365とPower PlatformでDXと働き方改革を進める方法
              DXの進め方が分からないという企業に対し、Microsoft Dynamics 365やMicrosoft Power Platformを活用して従業員の日々の作業データを分析し、業務プロセスを自動化して従業員の働き方改革とDXを推進するアプローチが紹介された。(2021/9/29)

              DX推進の立役者は「やたがらす人材」だった IPA、DX進む22社の調査結果を発表
              多くのDX先進企業では、「やたがらす人材」が中心となり、DXをけん引していた──IPAがDX先進企業のヒアリング調査結果を発表。DX推進の立役者についてこう記した。(2021/9/22)

              製造マネジメント メルマガ 編集後記:
              DXの次は「QX」の時代、国内の量子関連技術をどう生かすか
              技術開発と社会実装を両輪で進めていかなければなりません(2021/9/21)

              メカ設計ニュース:
              生産設備検証の完全実機レスシミュレーションを可能にする新オプション
              ラティス・テクノロジーは、設備開発用3D制御シミュレーターソフト「XVL Vmech Simulator」の新オプション「MELSEC GX Works Sim for Vmech」の提供を開始した。三菱電機のPLCと直接連携し、完全実機レスシミュレーションが可能になる。(2021/9/21)

              グローバル医療サービス会社のDX【前編】
              IT幹部を「医療DX」に夢中にさせた、採用面接での医療会社CEOの“あの一言”
              民間の医療サービス会社BupaはDX推進の一環で、Microsoftの支援を受けてクラウドサービスを活用している。同社が目指す「パーソナライズ医療の提供」と、それに向けた取り組みを説明する。(2021/9/20)

              老朽インフラ問題解決へ技術進歩期待 
              壊れた後に修繕する「事後保全」よりも「予防保全」の方が費用の縮減効果が大きいとのことだが、それでも国土交通省によると年間6兆円前後が必要と試算されている。(2021/9/17)

              Supply Chain Dive:
              生産ライン維持の“努力”がリコールの引き金に? 悪夢から大手メーカーを救ったDX
              「製品の需要が跳ね上がった」「部品の製造元が被災し、供給が間に合わない」――製品の生産ラインや供給ペースが突然乱れてしまったとき、何とか材料を調達しようと奔走するのは当然のことだ。ただしそうした「とっさの対応」が大規模なリコールの危機を招いた企業の例がある。同社を救ったのは、あるデジタル技術だった。(2021/9/17)

              海外医療技術トレンド(75):
              米国の医療DXを支えるブロックチェーンと分散台帳はオバマ政権時代からの積み重ね
              本連載の第23回や第65回で触れたように、米国の保健医療行政機関がDX(デジタルトランスフォーメーション)施策を本格化させる中、変革ツールとしてブロックチェーン/分散台帳技術が注目されている。(2021/9/17)

              既存のインフラを有効活用する:
              大変そうで大変ではない? 「基幹システムをDXに対応させる方法」とは
              「レガシーシステムをどうするか」という課題に悩む企業は多い。IBM AS/400に詳しい有識者によると「レガシーシステムでもAIやIoTなどのモダンな技術と連携させることができる」という。詳しい話を聞いた。(2021/9/16)

              湾岸諸国の医療IT事情【後編】
              「デジタルヘルスケア」に積極的な湾岸諸国の医療IT投資を阻む最大の課題とは?
              デジタルヘルスケアを推進する湾岸諸国は、その手段となる医療IT投資を進める上で、幾つかの課題に直面しているという。それは何なのか。解決のために必要なこととは。(2021/9/17)

              DXが「PoC止まり」に陥る3つのパターンと脱却の術を知る
              DXの一環として始めたAI活用プロジェクトがPoCで止まるという話をよく耳にする。約3000人のデータサイエンティストを育てたデータ活用のスペシャリストが、PoC止まりに陥る3つの「あるある」パターンと成功の指針をお伝えする。(2021/9/17)

              セミナー:
              PR:これからの製造業ビジネス2021 ― 国内外製造業のトレンドとものづくり企業へのインサイト
              TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2021/9/16)

              Go AbekawaのGo Global!〜崔 国編(後):
              カインズのCTOに、俺はなる!
              グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回もカインズの崔国(サイ・コク)氏にお話を伺う。英語も覚えたいし、MBAも取りたい。やりたいことが止まらない崔氏は次に何を望むのか。(2021/9/29)

              コロナ禍こそチャンス:
              パナソニック山口有希子氏×シンフォニーマーケティング庭山一郎氏 営業に貢献するB2Bマーケティングを語る
              世界に比べて遅れる日本のB2Bマーケティング。どうすればビジネスの成長に貢献できるのか。日本のB2Bマーケティングをけん引するトップランナー2人がセールスフォース・ドットコム主催の「Connections to You」で語り合った。(2021/9/15)

              巧妙なインサイダー取引をAIで検知 SBI証券とNECが共同で実証、サービス化へ
              SBI証券とNECは共同で、インサイダー取引の審査業務にAIを導入する。巧妙化する不正取引をAIで検知し、審査時間を9割削減した。2022年度にサービス化も見込む、その仕組みとは。(2021/9/15)

              見えてきた日本企業がハマるDX失敗の4パターン “ダメックス”企業はこうして生まれる
              DXが進まない企業がハマるパターンは4つある。失敗を繰り返さないために企業が今すぐ変えるべきDXのアプローチ方法とは。(2021/9/15)

              「不正取引の手口が巧妙化し、審査の負担が増えている」:
              「根拠を説明するAI」でインサイダー取引の審査を効率化 SBI証券とNEC
              SBI証券はNECと共同で、インサイダー取引の審査業務にAIを導入する。2022年度に運用を開始する。「異種混合学習技術」を活用してAIモデルを構築し、SBI証券のインサイダー取引に関する取引データや重要事実データなどを学習させた。(2021/9/15)

              製造現場向けAI技術:
              PR:スマート工場で広がる画像認識、ディープラーニングがもたらす可能性とは
              人手不足などに苦しむ製造現場では先進デジタル技術を活用したスマート工場化が加速している。その中で重要な役割を果たすのが画像認識技術だ。従来型の画像認識技術に加え、大きく期待されるのがディープラーニング技術である。製造現場で画像認識とディープラーニングを組み合わせることで得られる価値とはどういうものだろうか。(2021/9/14)

              製造マネジメントニュース:
              アクセンチュアとクボタがパートナーシップ締結、DX加速と人材強化目指す
              アクセンチュアとクボタは、サステナブルな社会の実現に向けたDXの加速とデジタル専門分野での人財強化のため、戦略的パートナーシップを締結した。(2021/9/14)

              AWSやMSとの協業も拡大へ:
              NECがDX事業を強化へ 中核となる3つの取り組みを発表
              NECは、「2025中期経営計画」に向けてDX関連サービスを強化、拡充する。2025年度に「コアDX事業」の売上収益5700億円、調整後営業利益率13%を目指すというが、その中核となる3つの取り組みとは。(2021/9/14)

              「DXのためのデータ活用」を成功させる4カ条【後編】
              DXのためのデータ活用を成功させるには「データ活用」だけ考えていてはいけない
              クラウドサービスをはじめとするITは、DXのためのデータ活用を支える大事な要素だ。とはいえITを導入すればデータ活用が必ずうまくいくわけではない。ではどうすればよいのか。(2021/9/14)

              Weekly Memo:
              若手のアイデア実現へ“長い根回し”を不要に――DXで現場の実行力を上げるRPAとAIの使い方
              DXを推進する上で、現場の業務効率化から着手する企業は多いだろう。しかし「それでは足りない」とするのが、「AI×RPA」ソリューションを手掛けるUiPathだ。同社が目指す、単なる効率化以上の効果とは何か。(2021/9/13)

              製造ITニュース:
              商品需要予測などに活用できる、製造業や小売業向けの気象データセットを発売
              ウェザーニューズは、製造業や小売業向けに、商品の需要予測やデータ分析を支援するための気象データセットを発売した。天気や気温など、商品の売れ行きに影響がある気象要素のデータを提供する。(2021/9/13)

              Supply Chain Dive:
              企業秘密レベルの集荷、配送技術をクラウドで 超大手スーパー、Adobeと共創する新ビジネス
              WalmartはAdobeと協業し、小売事業者向けにオンラインと実店舗の両方を使って商品をスムーズに配送できるサービス群を提供すると発表した。開始時期は2022年を予定している。クラウドを通して使え、Walmartの配送ノウハウとAdobeの技術を生かしたという内容とは。(2021/9/13)

              「電子契約サービス市場は今後も堅調に成長」:
              2025年度には売上金額は440億円に ITRが国内電子契約サービス市場を予測
              ITRは、国内電子契約サービス市場の予測を発表した。2020年度の売上金額は、対前年度比72.7%増の100億7000万円。2021年度は同75.0%増の176億2000万円の見込み。2025年度には440億円に達すると予測する。(2021/9/13)

              利用者数や通信量の急増にも対応:
              富士通、仮想デスクトップサービス群「FJDaaS」を提供開始
              富士通は、仮想デスクトップサービスの新ブランド「FJDaaS」を立ち上げ、「Azure Virtual Desktop」を利用するパブリッククラウド型VDIの新サービスを開始。富士通のクラウドから提供する2つのプライベートクラウド型VDIも刷新し、併せて提供する。(2021/9/10)

              製造ITニュース:
              NECが推進する“顔の見える”DX提案、プロセス・技術・人材の3つを強化
              NECは2021年9月9日、DXの事業展開を強化し、ビジネスプロセス、テクノロジー、組織・人材それぞれの提案を強化していく方針を示した。(2021/9/10)


              サービス終了のお知らせ

              この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

              にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。